赤ちゃんを守れるのはママだけ|洗濯剤を変えよう

赤子
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の肌を紫外線から守る

乳児と女性

日焼けしない為の対策

紫外線が多く肌に刺激を与えるのは、暑い夏だけではなく春先から秋口にかけて長期に渡ります。紫外線のダメージは赤ちゃんの頃から蓄積されていき、将来のシミやシワの原因になると同時に、免疫力が低下したり皮膚がんなどの病気を引き起こす原因に繋がります。なので、赤ちゃんの肌をしっかり日焼け止めして守ってあげる事が、親としての役目です。すべすべしているイメージの赤ちゃんの肌は、生後数か月後には皮脂の分泌が減少して乾燥しやすい肌になります。肌の厚みも大人よりも薄く、水分量も少ないので肌としてのバリア機能も大人よりも弱いので、少しの刺激にも反応してしまいます。デリケートな赤ちゃんの肌は紫外線からのダメージが大きいので、しっかりと日焼け止めして対策する事が必要です。

肌を守る方法を知る

デリケートで刺激に弱い赤ちゃんの肌を、紫外線から守る為には赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってケアするなどの対策を行ないましょう。生後間もない赤ちゃんの肌は特に敏感である為、新生児用の日焼け止めを使用する事が大切です。日焼け止めが肌に負担をかける可能性もあるので、赤ちゃんの肌に負担の少ない日焼け止めを選ぶ事が重要です。日焼け止めを選ぶ際には、ノンケミカルである事を確認して購入する必要があります。なぜなら、化学原料である紫外線吸収剤は刺激が強く、赤ちゃんの肌がかぶれてしまう可能性が有るからです。使用する前にパッチテストを行ってから塗ってあげる事で、肌全体を紫外線から守る事が出来ます。直射日光を浴びる時間が長くなる時には、SPFが高い物を選ぶ事で長時間の刺激からも肌を守る事が出来ます。