赤ちゃんを守れるのはママだけ|洗濯剤を変えよう

赤子
このエントリーをはてなブックマークに追加

快適にお出かけするために

眠る赤ん坊

さまざまなタイプがある

赤ちゃんと一緒のお出かけする時に必要になるのはベビーカーです。さまざまなタイプがあり、そのタイプによって値段が大きく違います。生後1ヶ月を過ぎた頃から使えるのがA型のものです。リクライニング機能が充実していて、寝ている赤ちゃんでも使用が可能です。また対面しての使用も可能で、赤ちゃんの顔を見ながら移動したり買い物をしたりが出来ます。生後7ヶ月の頃から使えるのがB型とバギーです。B型はあまりリクライニング機能が充実しておらず、しっかり座るタイプで対面にはならず背面のものです。そしてA型に比べて軽く値段もお手頃なものがほとんどです。バギーはA型やB型に比べて圧倒的に軽く値段が安いのが特徴です。振動が伝わりやすく長時間の使用には向いていませんが、近所のちょっとしたお出かけなどに向いています。ベビーカーを購入する時はさまざまなタイプがあり、それぞれに特徴があることを知っておく事が大切です。

選ぶポイント

ベビーカーを一番初めに購入する時に多くの方が購入するのはA型のタイプのものが多いです。それはやはり生後1ヶ月を過ぎた頃から使えるという点にあります。生後1ヶ月の健診を機会に、赤ちゃんと散歩に出かける機会が増えて来るからです。多くの方が選ぶ時に確認するのは、ベビーカーの押しやすさや赤ちゃんへ振動がどのくらい伝わっていくかです。商品によって押しやすさは全く違います。また、赤ちゃんとスーパーなどに買い物に行く機会が多くなる方は小回りするかどうかの確認も必要です。最近の人気があるものは、軽量で持ち運びしやすく、走行性が良く、ハイシートなものです。ベビーカーは毎年新しいものが発売され、その度に性能などが良くなってきています。使用頻度や予算などを考慮して後悔のないものを購入する事が大切です。