赤ちゃんを守れるのはママだけ|洗濯剤を変えよう

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加
眠る赤ん坊

快適にお出かけするために

赤ちゃんの成長時期に合わせて、ベビーカーも最良なものを選びましょう。A型はリクライニング機能が充実しており、B型やバギータイプは価格がお手頃です。また、押しやすさや振動の伝わり具合、小回りが利くかなどの性能面も考慮して選ぶと良いです。

ウォーターサーバー

子育てに大活躍

赤ちゃんがいる家庭ではミルクや離乳食を作るのにウォーターサーバーがあると便利です。設置するにはスペースをとるので設置場所を考える必要があります。様々なウォーターサーバーがありますが、自分達の家庭にあった商品を選ぶことが大切です。特に子供がいる家庭では安全面を重視してウォーターサーバーを選ぶべきです。

乳児と女性

子供の肌を紫外線から守る

赤ちゃんの肌は大人に比べてデリケートである為、紫外線の刺激に過敏に反応してしまいます。日焼け止めを塗って対策する事が必要であり、赤ちゃんの肌に合った物を選ぶ事が大切です。日焼け止めによってかぶれる事もあるので注意が必要です。

ベビー用洗剤

赤ちゃんとタオル

余計な成分はいりません

赤ちゃんの服を洗濯するときには、大人用洗剤を利用するのは止めておいたほう無難です。大人用洗剤には芳香剤や蛍光剤といった、肌にとってあまり良くない成分が含まれているからです。大人ならばこれらの成分を歓迎できるのですが、肌が敏感な赤ちゃんに対してわざわざ利用する意味はないといえるでしょう。赤ちゃんに安心して服を着せたいなら、専門に販売されているベビー用洗剤で優しく洗濯することをオススメします。なお、生まれたばかりの赤ちゃんは洗剤を使わないほうが良いので注意しましょう。その頃の赤ちゃんは水通しといって、水で洗うだけ方法が推奨されています。ただし、水通しの時期はすぐに終わりますので、ベビー用洗剤は用意しておいたほうが良いでしょう。

しっかりとした消臭

ベビー用洗剤は、赤ちゃんのうんちやおしっこのニオイをしっかりと消臭してくれることでも人気になっています。それらは赤ちゃんとはいっても気になるニオイなので、洗濯だけできちんと消してくれるのは助かることでしょう。なお、ベビー用洗剤を利用する場合は普通に洗濯機を使っても大丈夫です。もちろん、大人用と分けて洗濯をしなければいけませんので注意しましょう。ベビー用洗剤は各種メーカーから販売がされていて、粉タイプや液タイプの製品があります。粉タイプであっても溶けやすくなっていますが、洗剤の残留が気になるのならば液体タイプにすると良いでしょう。ですが、粉タイプの洗剤が気に入っているのならば、すすぎの回数を増やすことで対応できます。